カテゴリ:今日の出来事( 53 )

桃の節句

d0115679_13165230.jpg 昨日は「桃の節句」で、クリニックの厨房で晩ご飯を作ってもらいました。
手がかかっているだけではなくて愛情がこもっています。
たまたま食堂に居合わせた患者さんがわざわざ近くまで見にて感心していました。






d0115679_13461315.jpg これが患者さんに出された食事です。
毎度の事ながら、厨房スタッフの美味しいものを作って患者さんに喜んでもらおうという熱意に頭が下がります。
患者さんの笑顔が我々の勲章です!
[PR]
by tatsuo_clinic | 2011-03-04 15:00 | 今日の出来事

昨年のクリスマス(ちょっと後戻り その1)

d0115679_15332476.jpg 毎年クリスマスにはケーキがでます。
そして恒例行事として私と職員(新人さん)がサンタクロースのいでたちでみんなににケーキを配ります。
ケーキカットは外科医の私の役目です。
どうですか、手馴れたものです。







d0115679_15451947.jpg 写メを向けられて得意顔の私です。






d0115679_1548257.jpgd0115679_1549385.jpg パートから常勤になった掛田さん(左)と、パートの新人さんの手塚さん(右)が私につき合ってくれました。







d0115679_15523356.jpg 最後にみんなで記念撮影です。
フランス料理がでたり、すごいご馳走がでる医療機関もあるようですが私の趣味ではありません。
あくまで家庭料理の延長で、温かい手をかけた季節のもてなしができればと思います。
患者さんの笑顔が私の勲章です!
[PR]
by tatsuo_clinic | 2011-02-14 16:37 | 今日の出来事

節分のご馳走

d0115679_121125.jpg 節分のクリニックの食事です。
自画自賛ですが本当に美味しいです!たつおクリニックの食事は。
そして心がこもってます!









d0115679_1218418.jpg この方々が作りました。
私の自慢の職員です。
院長の私も、行事ごとに楽しみにしていますが、本当に頭が下がります。
ただ一つ残念なことは、入院するか職員にならないと食べれないことです!
[PR]
by tatsuo_clinic | 2011-02-13 12:24 | 今日の出来事

お見舞い

d0115679_12101851.jpg たつお苦楽部の役員の渡辺惣九郎氏が某市民病院へ手術のために入院されました。
何でも、お祭りで相撲をとって肩を負傷したとのことです。
昨日「元気の素」をもって見舞いに行ってきました。
私は男性のお見舞いには「エ〇雑誌」と「お酒」と決めています。
早くシャバが恋しくなって元気に退院できるよいうにとの”ささやかな”心遣い???からです。
写真のように顔?の艶もよく元気そうで安心しました。
早く元気になって飲み会でもしましょう。

PS
 昨日のお土産が効いたのか 早速本人から本日無事退院できた旨の連絡をいただきました。
[PR]
by tatsuo_clinic | 2010-07-23 14:01 | 今日の出来事

どいつ? ドイツ? ドツイたろか???

d0115679_16482875.jpg カラフルな絵葉書がクリニックに届き、どいつから ( 関西では、「誰?」のことを「どいつ?」と言う ) 来たのかと思いきや、まさしくドイツからの便りでした。
 差出人は、先日まで入院されていたドイツ人のシャインさんでした。
 ここ最近、入院患者さんも国際色豊かで、ドイツ フィリピン 中国と、まさに万博状態です。
そして、我々の心配をよそに、外国人のみなさんは食事を始め日本の生活習慣にも戸惑いを見せることなく、「たつおクリニック」のスタイルにも馴染み、入院生活をエンジョイして帰られるようです。


d0115679_1751175.jpg シャインさんは日本で手術をで済ませ、母国に帰国されました。
入院中は、例によって「インチキ英語」で冗談を言い合いましたが、母国に戻られてからも、こうしてたどたどしい日本語ですが便りをいただき、自分たちの医療が海外の人にも”チョッピリ”認められたような気がして嬉しい気持ちになりました。
また一つ私の宝物が増えました!
シャインさん、また日本に来る機会があれば是非「たつおクリニック」に遊びに来てください。 
来ないと ”ドツイ”たるぞ~ (今回は吉本風にまとめてみました)
お元気で!  いつまでも ”輝きつづけて” いてください。

PS
 最近、機能追及の便利な「メール」に慣れてしまって(毒されて?)いましたが、手書きのハガキに感銘を受け、再認識しました。
世の中が進化している一方で「何か大切なもの」が失われていく…
考えなければいけません!
[PR]
by tatsuo_clinic | 2010-06-18 22:08 | 今日の出来事

昔を思い出しました

d0115679_244243.jpg  仲睦ましい男子生徒と女学生と思いきや、実は当院の看護職員の掛田さん親子です。
この日は、息子さんの中学校の入学式で、クリニックに立ち寄ったとこを写真に収めました。
二人とも本当にいい笑顔です!
このまま のびのびと育ってほしいものです。(二人とも?)

掛田さんもパッと見ると、女高生でも十分通用すると思いますが???もう看護学生の頃からたつおクリニックに働きにきてくれていて、当年とってウン才の素晴らしい看護師さんです。

 話が変わりますが、最近某中学校で「将来の進路」という題で話をしてきましたが、その時私自身の学生時代の写真を持っていき公開したところ好評を博した?のでこのブログにも公開します。


(中学時代)
d0115679_2444854.jpg 中学から野球をしていましたが、ハッキリ言って不良でした。
前列左端が私です。










d0115679_2452818.jpg 前列右端が私ですが、数日前の他校生との喧嘩がたたって大事な卒業アルバムで試合後のボクサーよろしく顔が腫れています。
そして格好をつけているのでしょう、猫背で写真機を睨みつけています。
今見ると笑ってしまいますが、私にとって古き良き時代です。







(高校時代)d0115679_246113.jpg 
自分で言うのもなんですが、中学時代とうって変わって品のある顔をしています。もちろん野球部でした。















(大学時代)d0115679_2472066.jpg 
 大学でも野球部で、一番前で偉そうにしています。












d0115679_8444959.jpg 笑ってしまいます。
こんなヘアスタイル時期もありました(笑)
これが本当の ”若毛のいたり” です。
” 若毛のたたり” という人もいます。














d0115679_102815100.jpg 医学部は1学年約100名。学生生活は十二分にエンジョイしました。
ひと目で解ると思いますが、前の方にいる一番品の悪いのが私です。










d0115679_2505524.jpg 卒業記念アルバムです。
ちょっと医者らしい顔をしているかな?














 我々の若いころは多少ハメをはずしても許してもらえる「古き良き時代」だったと思います。
学校の先生も本気で殴ってくれ、真剣にぶつかってきてくれたような気がします。
今では先生も子供に遠慮し、場合によっては親もちゃんと子供を叱ることができないようです。
子供たちに聞いてみましたが殆どの子が学習塾に通っており、家に帰って暗くなってクタクタになるまで外でみんなと遊ぶなんてこともないようです。

こんな子供たちに私は5つのことを言いました。
①今の時期、勉強は程程に(今の時期じゃないとできないことは勉強以外にも沢山ある)
②自分に自信があったら塾に行かずに真剣に学校の授業を聞け。
③友達は大事にしろ。一生の財産になる。
③職業に上下はない。
④勉強も含め、やる時は死にもの狂いでやれ。
⑤反省は必要だが、後悔するな。


みんな真剣に聞いてくれ、後日生徒1人1人から手紙をいただきました。
みんな大きい夢を持って、大きく育って欲しいと思います。

掛田君 がんばれ!
お母さんのことを頼むぞ。
[PR]
by tatsuo_clinic | 2010-04-13 02:52 | 今日の出来事

3月3日 桃の節句

d0115679_134394.jpg いつも厨房スタッフには頭が下がる思いですが、桃の節句の夕食はチラシ寿司でした。
例によって(院長の特権)私は特製のひな祭りちらし寿司を作っていただきました。
こうゆう手作りの食事を見ると心がなごみ、安らぎを得ることができます。

 今 自動車業界ではT社がリコール問題で取り立たされていますが、世の中 いたるところに「合理性」を追求するあまり、「人間性」を置き去りにした弊害が見え隠れしている気がしてなりません。
「人間性」のない医療だけはしたくないものです。

「非合理性」 「ムダ」 「遊び」 「ローテク」 「アナログ」 万歳!

厨房さん、ごちそう様!
[PR]
by tatsuo_clinic | 2010-03-04 01:20 | 今日の出来事

たつおクリニックの白い妖精

 我々にとってたいへん嬉しくて素敵なプレゼントを入院患者さんからいただきました。
下の写真が実物です、原文通り抜粋します。
d0115679_12312730.jpg たつおクリニックの白い妖精


白い妖精は優しい
母が幼子に語りかけるような
優しさがある



白い妖精は明るい
ベッドに臥し沈みがちな心を
明けてくれる

白い妖精には活気がある
きびきびとよく働く
自分も早くあのように活気に動きたい

白い妖精には似たところがある
なんだろう …
そうだ 院長先生そのものだ

優しさ、明るさ、活気、ほか
院長先生と同じものを
毎日の仕事の中に見られる

白い妖精さん ありがとう
今日は元気になって巣立つ日だ
ありがとう 妖精さん


2010-1月 お世話になった患者が見たまま、感じたままを記す。

(以上 原文通り抜粋)

 ありがとう 増本暢巳さん。
素晴らしいプレゼントありがとうございました。
明日から さらにいい医療めざして 職員一同がんばっていきたいと思います。

[PR]
by tatsuo_clinic | 2010-01-23 13:03 | 今日の出来事

お正月 & 菊田先生

d0115679_795445.jpg お正月は入院患者さんも少なく、外泊する人も多いうえに、今年は私が年末から不在のため手術も制限していたため、例年になく病棟は少人数でお正月を迎えました。
 それでも厨房スタッフはお正月を家に帰れなくてクリニックで過ごす患者さんのために心のこもった料理を作ってくれました。
大晦日のちらし寿司です。



d0115679_7111365.jpg 1月1日のお雑煮です。
こういった料理を私がいちいち指示するわけではなく、私の気持ちを汲み取って自主的に作ってくれます。
本当に素晴らしい厨房スタッフです。
最新の機器を整備したり、最先端の医療技術を提供することもとても大事なことですが、こういった「何気ない思いやり」こそが医療の原点であり、絶対に忘れてはならないことだと胆に銘じていきたいと思っています。


厨房さん ごくろうさま!


そして今年のお正月と言えば、絶対に紹介しておきたい人物がいます。

は~い 真打登場!
d0115679_738154.jpg 菊田信一先生です。
※補足:ちなみに 真打と信一を洒落たつもりです(汗)

 菊田先生は仙台で「きくた肛門科」をご開業されており、肛門科ではたいへん高名なドクターで、学会でも理事の重責を果たされておられる重鎮です。
そんな「お偉い」先生に私の留守をお願いしたわけですが、気さくで職員からも「本当に いい先生だった」と大好評でした。
菊ちゃん ありがとう!
彼は私より確か1才先輩にあたるわけですが、20年以上前に、私が怖いもの知らずで生意気な発言をしていた頃(今でも多少そのけはありますが…)大阪の研究会で出会い、意気投合し?以降懇意にさせてもらっています。
私から見て彼の素晴らしいところは、肛門科医としての腕は勿論のことですが、肛門科のドクターは偏った性格の御仁が多い中 (あまり大きな声では言えませんが) 素晴らしいバランス感覚を備えた常識人であることです。
そして阪神タイガースをこよなく愛し、また落語にも精通 (確か 立川談誌師匠の後援もされているとか)、所謂趣味人の面も持ち合わせておられる愛すべき人物です。
こういった 素晴らしい人物に日本の肛門科の中心的存在(今でもそうですが)になっていただきたいと私は密かに思っていますが、本当にありがとうございました。
まだまだ紹介したいことは山ほどありますが、今回のところはこのあたりで、お後が宜しいようで。

[PR]
by tatsuo_clinic | 2010-01-16 08:18 | 今日の出来事

福砂屋のカステラ

 これが噂の福砂屋のカステラです!
d0115679_17345122.jpg
 写真ではなんの変哲もないカステラですが、あの福砂屋謹製のカステラです。
普段はカステラをあまり口にすることはありませんが、久しぶりに食してビックリ!
美味しい! 味が濃いというか、たっぷりと上質の卵と砂糖の味。 一言で言うと上等な味。
このカステラは看護師の伊藤さんがお正月に長崎に里帰りした際のお土産で買ってきていただきました。
実はこの福砂屋の存在を少し前まで知りませんでした。
長崎出身の伊藤さんがしきりに「カステラは福砂屋に限る」と口にしていたので、いつかは食べてみたいと思っていましたが、今回念やっと願が叶いました。
伊藤さんありがとう!
ということで、ちょっと伊藤さんの紹介を。


d0115679_17333913.jpg 年齢 ウン才のベテラン看護師。
まさに「日本のおっかさん」で、患者さんからも信頼され、院長の私からも信頼できる素敵な看護師さんです。
私の気持ちを察してくれて、さりげなく手を差し伸べてくれる思いやりがあり、私にはなくてはならない存在です(伊藤さん お世辞じゃなくて本音だからね)。
そして 「いったい何年生きてきたんだ」 とビックリするくらい本当に物知り!
特に冠婚葬祭ものに関しては 正に生き字引!
ただ血液型の話になると「私は典型的でなく、端っこの方」とトーンダウンする可愛いい女性です。
いずれにせよ たつおクリニックには今後ともなくてはならない存在です。
長崎出身ですので、同郷のかたは気軽に声をかけてみてください。
[PR]
by tatsuo_clinic | 2010-01-09 18:06 | 今日の出来事