カテゴリ:今日の出来事( 53 )

パンプキン イーター

もうすぐハロウイン。
パンプキン イーター Ba-さん の新作です。
私も毎回楽しみにしています。
d0115679_14331069.jpg

[PR]
by tatsuo_clinic | 2013-10-16 14:35 | 今日の出来事

春~初夏の常連客

 もうかれこれ15年ぐらいになるでしょうか、ツバメが「たつおクリニック」の軒先に巣を作るようになって。
雛鳥が囀り始め、親鳥が飛び交う光景は春先の風物詩となっています。
今年は初めて脚立をたてて、写真に収めることに成功しました。

★なにやら灰色の物体?が蠢いています。
d0115679_233542.jpg

★親鳥の気配を感じると、ヒナたちは一斉に口をあけ、鳴き声をあげ、その存在をアピールします。
d0115679_2335596.jpg

★そして捕ってきた獲物をヒナたちに与えます。
d0115679_2343589.jpg

 毎年この光景を見ていると、自然の摂理というか、一人間が抗うことができない、自然の大きさ、偉大さ、尊大さ、厳しさ、と同時に寛大さ、優しさも持ち合わせ、畏敬の念を払わずにはいられません。

 一方、人間の世界に目を向けると、子供の教育問題として「いじめ」「体罰の批難」「自殺」 etc 本当につまらない事が世の中をにぎわせています。
誤解を恐れず敢えて言いますと、私自身は「体罰大いに結構派」です。
私は体育会系の人間で、子供のころからドツかれて育ってきましたし、時には理不尽な理由で暴力を振るわれたことがありますが、今となってはそれもひっくるめて自分の血や肉となっていることを自信をもって公言できます。
「愛情さえあれば、何をしてもいいのです」、、、もっと極端なことを言いますと、「理不尽な理由でドツかれる事も成長期においては時には必要です」、、、世の中 理不尽なことが当たり前ですから。

 もう一度自然に目を向け学ぶべきです。
人間は進化したと錯覚して、ツマラナイ浅智恵で自らを窮地に追い込んでいるに過ぎないのです。はっきり言いますと驕りです。
考えてみてください。動物の世界には「過保護」なんか絶対にありません。
「いじめ」も「自殺」も「性同一障害」も、そして「オカマ」も!(私の知る限り)
そこにあるのは「自然の摂理」のみです。
もちろん 「弱肉強食」は自然の摂理です。

【ためになる豆知識】
 ところで、「若いツバメ」という言葉を御存知だろうか。
年上の女性の愛人となっている若い男をいう俗語です。
由来を紐解いてみると、女性解放運動の先駆者 平塚雷鳥と、年下の青年画家 奥村博史の恋に由来するらしい。
諸事情で奥村が身を引くこととなり、彼が平塚に宛てた手紙の中で「若い燕は池の平和のために飛び去っていく」と書いたことから流行語となったとのこと。
ゲスな私は今までツバメのようにせっせと年上の女性に貢ぐという意味からきていると思っていた。

と言うことで本日の授業はおしまい。
[PR]
by tatsuo_clinic | 2013-07-21 00:22 | 今日の出来事

TATSUO on 手術着

 私の 今年新着の手術着です。

d0115679_15312836.jpg


 実は手術着の一部分が磨り減り それでも物持ちのよい私は着ていたのですが、職員が見るに見かねてアップリケで穴をふさいでくれました。

d0115679_15343650.jpg


 胸ポケットの部分にも遊び心満載の顔のアップリケをしてくれました。

d0115679_1536331.jpg  d0115679_15374880.jpg

 





 モデルが変わると素敵な術衣であることが如実に解ります。(モデル:新妻の縣さん 結婚してから人間的に大きく成長しました~この素晴らしい笑顔を見てください)
d0115679_15403791.jpg

私の大切な宝物です。
因みに作者はこのブログ常連の Baーさん です。

[PR]
by tatsuo_clinic | 2013-06-07 15:49 | 今日の出来事

Ba-さん作 たつお人形 第2弾 & 絶品のサバ缶???

 ばあさん(林 看護師)の第2弾です。
彼女は特徴をよくつかみ上手に創ります。
それにユーモアがあるのがいい!
みんなが ちょっと見て吹き出します。
第3弾 第4弾~ 頼みます。
受付付近に置いてあるので是非見て行ってください。

d0115679_9174849.jpg

 たつお人形と何の関係もありませんが、この ばあさん ですが、ここだけの話、大のサバ缶フリーク。
スーパーの安売りのサバ缶一つでなんと3食はいけるという「つわもの」。
味の濃い味噌味だと5食も可とのこと。
この彼女から素晴らしいものをいただいた。
そんじょそこらの サバ缶じゃありません。
あの 「木の屋石巻水産」のサバ缶です。
d0115679_10551686.jpg


 水揚げの関係で、「金華サバ」ではありませんが、大変美味で、生まれてこのかた断然NO1の味でした。
この商品のいわれについては面倒くさいので書きませんが、興味のある方はネット等で調べてみてください。
兎に角美味しい!ごちそうさま。(ネットで取り寄せ可能です)
d0115679_10582529.jpg

[PR]
by tatsuo_clinic | 2013-05-05 09:23 | 今日の出来事

つけまつける

 先日の忘年会で看護師さんたちが踊った「つけまける」が大好評を博したようなので、今回はそのネタで。
ド アップ!
男の私には分かりませんが、これは 《つけまつげ》 じゃなくて 《エクステ》 とのこと。
d0115679_1704230.jpg

d0115679_1743655.jpg モデルは当院の看護師の通称 バーさんです。
彼女は毎年同窓会の時期になると、まつげを植え込み?何を期待しているのかイソイソと出かけていきます。
一本70円で今年は20本植えたとのこと。
 宣伝するように強要されたので言いますと、西浜町にある「手合せ」というお店でやってもらうとのこと。
新興宗教のような怪しげ?な屋号ですが、良心的でお勧め(バーさんによると)とのこと。
1本70円は なかなかないそうです。
興味ある人は是非行ってみてください。

 それにしても、バーさんは予想に反してアップに耐えています。
彼女は人生をエンジョイし謳歌しているように見えますが、それが若さを保つ秘訣なのでしょう。
迷ったら ゴー  この精神をいつまでも忘れないように!
[PR]
by tatsuo_clinic | 2012-12-05 17:05 | 今日の出来事

新しいメニュー

 今日は新しいメニューの食事がでました。
スコッチエッグです。
赤、緑、黄色の食材にお皿が青。素晴らしい!(でも贅沢言うと本当はお皿は白い方が料理の色は映えるかな。)
味もバッチリ!
厨房職員の食の追及の姿勢には頭が下がります。

d0115679_3464036.jpg
















d0115679_358494.jpg 今日の当番は常勤の河本さん。
彼女はシモ○タ大好き人間ですが、私の話を嫌いなフリをして聞いてくれます。















d0115679_40589.jpg 同じく常勤の高橋さん。
彼女は素知らぬ顔をして耳だけは私の話に向けています。













 

二人は常勤さんになってまだ1年経ちませんが本当によくやってくれます。
患者さん思いだし、私の戯言にもつきあってくれます。
この素敵な笑顔が人間性を語っています。
いつまでも元気で、患者さんのためにモットモット温かい食事を作ってください。
[PR]
by tatsuo_clinic | 2012-11-01 03:52 | 今日の出来事

素晴らしいプレゼント

お待たせ!
久しぶりの更新です。(時間が前後しますが、温存ネタを順次アップしていきます)
患者さんからカワユ~イプレゼントをいただきました。
どんなものより嬉しい私の宝物です。。
d0115679_18213110.jpgd0115679_1822132.jpg
d0115679_18235492.jpg


恒例のみんなで記念撮影。
写真真ん中の女性が作ってくれました。
d0115679_18202048.jpg

患者さんの笑顔が私の勲章です!
[PR]
by tatsuo_clinic | 2011-12-07 18:35 | 今日の出来事

夕時どきネットワーク 放映

 17時前より看護師さんにテレビの前で待機してもらい、小生は夕方の診療。

d0115679_1531263.jpg 「始まりましたあ!」との連絡をうけ急いでTVの前に。
おっと、出ました のっけからこの迫力!
再現フィルムでの迫力満点の艶技?は役者はだし!
この迫力 ただものではないケダモノです。








d0115679_1541430.jpg たつおクリニックの名前はでないと聞いていましたが、きっちり映像に映っていました。 













d0115679_1565190.jpgd0115679_1574927.jpg 流石 天下のNHKです。
うまく「夏の痔のご用心」のテーマにそうように(無理やり?)編集されていました。



d0115679_15164375.jpgd0115679_1517942.jpg みんな 役者やのう!





 
私は収録現場で立ち会ったので解りますが、彼らにとって「夏の痔がどうのこうの」なんてどうでもよく、個々が本当に言いたかったことは、

①悩んだけど手術をしてよかった。
②入院生活が楽しかった。
③人生感がかわった。
④手前味噌になりますが、職員も親切で、食事も美味しく、本当にこのクリニックにきてよかった。

(以上 すべて放送ではカット)

そして私が一番うれしかったことは、その経験談をTVで顔や名前をだして、明るく、本当に楽しそうに語ってくれたことです。中にはTVでお尻をだしてもいいよっていう人もいました。

 痔の手術をしたことを大多数の人は人前で言うのを憚られるといいます。
今回東京からわざわざ豊橋までロケにきたのは、都内では顔出しでインタビューできる患者さんがいなかったためだと聞いています。
都内のクリニックで撮影された診療風景では、患者さんの顔を伏せて(角度で顔が映らないように配慮されていた)撮影されていたため、何か暗く後ろめたいような雰囲気が漂い、かえって肛門科の敷居が高く感じられたのは私だけでしょうか、、、

 私がTV出演を患者さんにお願いしたとき、全員が「先生のために出るでね。」と言ってくれました。
本当に嬉しい話です。
と同時に、医療をやっていく責任を改めて痛感し、医の原点を忘れずに更なる精進をする決意をさせられました。

(追伸)
 放送後、早速NHKの渡辺さんからお礼の電話がありました。
「番組を観た感想を正直に言うけど、気を悪くしないでね」という前置きをしたうえで言いました。
①自分の患者さんがでたので興味深く見れたけど、冷静にみると内容はよくない。
②そもそも「夏の痔にご用心」という企画に無理がある。
③企画が先走り、患者さんの真意が反映されていない。
言っちゃいました、いつもの癖で、、、

 私に企画からすべてをまかせてくれたらもっっといい(見ていて面白くためになり、もちろん視聴率もとれる という意味)番組ができるのに、、、
おっと これは独り言です。




 
[PR]
by tatsuo_clinic | 2011-08-26 16:37 | 今日の出来事

当院の卒業生(痔の手術患者さん)がテレビに出演!(収録風景)

 8月20日(土) NHKの番組収録。
制作担当の渡辺氏とカメラさん、音声さん、インタビュアーの女性アナウンサーの計5名が来院。

d0115679_1201661.jpg 収録は臨場感をだすために、当院の食堂で。
NHKの事情?でたつおクリニックの名前はでずに「愛知県の某クリニック」となるもよう。








d0115679_1213059.jpg まずはこの人。
某CS薬品のお偉いさんの神野さん!
役者さんによるヤラセと見紛うほどの情感のこもった迫真の語りにNGを連発。(民放ではオールOK)













d0115679_135056.jpg 久しぶりに電話をしたのに、顔出し出演を二つ返事でOKしてくれた佐々木さん。
落ち着いて熱く語ってくれました。














d0115679_1401158.jpg  出演を予定してた人が仕事の都合で来れなくなり、急遽 入院中の彦坂さんに出ていただきました。
彼女は痔の手術は今年の5月にやられ、今回は別の事情で入院中でした。
とても素人さんとう思えない表情たっぷりの迫真の語りでした。






d0115679_150188.jpg 最後に長坂さん。
実は彼女は術後うん年?を経て幸いにも??当院の職員(医療事務)となり、現在も当院に勤務中です。
何でも相談に乗ってくれると思うので、可愛がってやってください。
親身になってくれること、院長の私が太鼓判を押します。
私は彼女を親愛をこめて「ワジ」と呼んでいます。
仕事同様、冷静な判断とナチュラルな語り口が目を惹きました。








d0115679_253962.jpg  最後にギャラリーも一緒に記念撮影。
NHKのスタッフも感激していましたが、この明るさが当院卒業生の魅力です。










次に神野邸に撮影現場を移し、神野氏自ら出演し再現フィルムの収録。

d0115679_2561515.jpgd0115679_2563873.jpgd0115679_2571341.jpg








 神野氏の演技にはスタッフ一同舌を巻きました。
NHKのスタッフが「役者としてやっていける!」と太鼓判を押していました。
汗びしょりになりながら、スタッフの指示に従い一所懸命に演技する神野さんの姿に氏の素晴らしい人間性の一端を見ました。
宣伝になりますが、神野氏は来年から「ドドスコの窓」という屋号で人生相談を始めると聞いています。
カウンセリングの良し悪しを超えて、氏の人間性に触れて幸せになる人がたくさんでてくるものと確信しています。
そして いつの日か「くすり屋は見た! 医療機関の裏側」なる著書を書いてもらいたいものです。その時は私に推薦文を書かせてください。
おっと、これはオフレコですので、聞かなかったことにしてください。


 私は今回の収録を通じて嬉しくも、そしてそれ故に責任を痛感したことがあります。
それは、たつお卒業生が何年も経った今でも「たつおクリニック」に対して愛情を持っていてくれているということです。
そして当時の思い出がいつまでもいい形で心にのこり、それ以降の人生に何らかの影響を与えているということを肌に感じました。

 さらにモチベーションを高め、自分なりの良い医療を目指す刺激にしていきたいと思います。

放送は8月24日(水)の16:50~18:00のあいだの20分少々だそうです。
[PR]
by tatsuo_clinic | 2011-08-21 01:38 | 今日の出来事

当院の卒業生(痔の手術患者さん)がテレビに出演!(前夜祭)

 つい2週間ほど前に、NHKの番組制作担当なる人物から電話がありました。
私が手術中だったため、話半分で聞いてしまったのですが、どうやら番組の中で痔のコーナーを放映するにあたって私に協力して欲しいとの旨。
TV、ラジオ、学会、研究会 等々で数々の問題発言をしてきた前科者の私に天下のNHKからの出演依頼とはどうしたものか、、、よく聞いてみると私ではなく、痔の手術患者さんの話を聞きたいとのこと。(なーんだ!)
それも放映は約3週間後とのこと。
事情が掴めずにとりあえず豊橋で打ち合わせ。(何にでも首を突っ込むことが好きな面々が多いので)
当日はたつお苦楽部の世話人さんたち(患者さんの会の代表)等々合わせて10名ほどが集まり、打ち合わせそっちのけで得意の宴会気分。(下写真:前列右から2番目がNHKの渡辺氏)
d0115679_0262218.jpg












 とりあえず解った事情はこうだ。
NHK総合TVで月~金の16:50~18:00に放映されている「ゆうどきネットワーク」 
  (http://www.nhk.or.jp/shutoken/yuudoki/)
のなかで 「夏の痔にご用心」 というテーマでレポート番組を制作中とのこと。
困ったことは、診察等殆どの場面は都内で収録が済んだが、患者さんへのインタビューだけがままならない。(早い話がテレビに顔出ししてくれる患者さんがいない)
そこで私の出番となったらしい。

「豊橋に行けば、発言させると問題が多いが、腕が立って???不思議と患者さんからの信頼が厚い変わり者の肛門科医いるぞ」なんて話になったのかも、、、

 集まった連中は全員二つ返事で「TVでの顔出しOK」。
これには、NHK渡辺氏も驚愕気味。
「うちの患者さんはいい意味で出たがり屋が多いよ。必要ならもっと集めるよ」
ということで、0時を回り閉店時間となったところでお開き。
東京からご苦労さま。

収録風景は次回のブログで(つづく)
[PR]
by tatsuo_clinic | 2011-08-21 00:27 | 今日の出来事