女性に痔について



d0115679_1121516.jpg 先日たいへん美味しいいただき物をしました。「写経 千年杉」 なるお菓子で、なんとトムクルーズがお土産に50本持って帰ったといういわゆる行列のできる逸品だそうです。
d0115679_1173022.jpgなるほど 断面は千年杉を象ってあり 味はバウムクーヘンというよりロールケーキで、一番気に入ったのは中心部に小倉クリームがちょびっと入っており 控えめなお洒落(日本的で)である点です。トムクルーズもラストサムライに因んで買って帰ったのでしょうか。とに角 たいへん美味しくいただきました。カムサハムニダ!


d0115679_11232976.jpgさて本題に入りますが、上記のお菓子は姫路のお菓子屋さん製ですが… 姫路~~~姫痔…ちょっと苦しい展開ですが、女性に痔についてちょっとばかり。
左の美女は現在 当クリニックに入院中の患者さんで(他にも女性患者さんは入院していますが、残念ながら、たまたま不在でした) 一人は市内某N病院の看護師さんです(言っちゃった!)。



≪男女比≫
 男性に比べると 女性の方が肛門の病気で悩んでいる方は多いと思います。但し 入院して手術される方は男性の方が多いでようです。これは、女性の方が仕事に就いてる人が少なく、「仕事で痛くなったらどうしよう」という切迫感がない為だと思います。但し、痔ろうについては女性にはごくわずかです。

≪出産について≫
 妊娠すると、うっ血により痔は症状が強くなります。あとホルモンの関係か、肛門から膣周辺にかけて筋肉や組織が柔らかくなり飛び出しやすくなるようです。(裂肛は反対に症状が軽くなることが多い)。よく外来患者さんの中で「どうせ手術しても妊娠したら また痔が悪くなるから出産を終えてから お尻の治療をしよう」という方がみえますが、私はこの意見には反対です。妊娠して痛い目にあう前に治しなさい!よく「殴られてから逃げるんじゃなくて、殴られる前に逃げなさい」と説明します。私の知る限りでは 当院で手術をして妊娠して悪くなり、また手術をするハメになった人は一人もいません。(痔ろう 裂肛 肛門ポリープ 肛門狭窄は別です)

昔に較べて 時代がそうさせるのか、案外女性の患者さんも気軽に診察をうけられるようになりました。

痔は恥ずかしい病気じゃありません!

 今回は、ロールケーキの話から無理やり女性の痔の話にもっていきましたが、今後 少しづつ ブログ上で、私の独断と偏見を交ぜながら病気の話をしていきたいと思ってます。
今日は ここまで。
[PR]
by tatsuo_clinic | 2008-09-15 12:29


<< (匠)職人芸 本当に嬉しい心遣い >>